行動指針

  1. 事業活動が環境に与える影響を的確にとらえ、可能な対策を実施します。
  2. 環境マネジメントシステム(EMS)を有効に活用することで、環境保全活動を展開し、継続的改善を図り、低炭素、環境循環社会、自然共生社会の実現を目指します。
  3. 事業活動に関連する環境関連法規・規制・協定・自主基準の要求事項を明確にし、これを順守します。
  4. 実施した環境保護活動を検証し、継続的に改善を進めます。
  5. 環境保護活動を推進するにあたり、以下の項目について重点的に取り組みます。
      1. 地域環境に影響を与える公害発生の抑制
      2. 資源の枯渇を抑制する無駄のない施工
      3. 廃棄物の削減とリサイクルを目指す施工
      4. 環境に配慮した研究開発、設計
  6. 社内環境教育・広報活動を実施し、全従業員に環境方針に関する意識と理解の向上を図ります。また、顧客·地域住民等の全ての利害関係者に対して、環境保護活動の実施状況を必要に応じて公開します。